秋の絶景【豊平峡ダム】

道央

日本全国の紅葉スポットの中でも必ず上位に入ってくる「豊平峡ダム」。紅葉時の景色は素晴らしいの一言です。
今回はこちらのスポットを余すことなくご紹介致します‼︎

目次

1.豊平峡ダムとは

2.紅葉時の「豊平峡ダム」
2-1.展望台からの景色
2-2.ダムの上からの景色

3.アクセス

4.おわりに

1.豊平峡ダムとは

札幌市の中心を流れる「豊平川」の治水である豊平峡ダムは、
札幌市の有数のレジャースポットとなっており、国内外問わず様々な方が訪れる。特に紅葉の時期が美しく、林野庁の「ダム湖100選」にも選出されるほどです‼︎

ちなみに豊平峡ダムから流れる豊平川は札幌市民の暮らしの中心にあり、札幌市の給水需要は豊平川によって98%もカバーできるほどの大河です。よくサッポロビールのCMなどで使用されている札幌を代表する河川です。

2.紅葉時の「豊平峡ダム」

今回の記事の本題です‼︎
豊平峡ダムは定山湖とアーチ式のダムの景観美が素晴らしく、それらに併せてナナカマドやヤマブドウ、カエデなどの紅葉がダム湖周辺を彩り幻想的な景色になります。

2-1.展望台からの景色

「豊平峡ダム」の人気の写真スポットから撮影した写真です。
宣伝などにもこの角度からの写真が使用されることが多いです。

こちらの撮影スポットをご紹介します。

写真スポットはバス停留場から7分程緩やかな坂を登ったところにある展望台にあります。
坂が厳しい人のためにリフトも運行しております。

乗車時間は2分程です。定員は8名まで。料金は無料。
紅葉時期は混み合うので歩いた方が早いかもしれません。

リフトで上がった先にあるのが撮影スポットのある
絶景展望レストハウス「だむみえ〜る」


「だむみえ〜る」
こちらは豊平峡ダムの放流や紅葉を眺めながら
ジンギスカンやダムカレーを頂くことができます。


このように外でジンギスカンなどのお食事を楽しむことができます。紅葉の中で頂くご飯は美味しさ倍増ですので是非‼︎

こちらの施設の奥に進むと展望台が見えてきます。

展望台から先ほどの景色の他にも、対岸の山々の岩肌も綺麗に望めます。


展望台付近にはハルニレも植っており良い色づきでした。

2-2.ダムの上からの紅葉

続いてこちらのダムの上からの景色をご紹介します。
左手がダム湖、右手が放流口になっております。

真っ直ぐ行くと突き当たりになっており、引き返して来なければいけないのですが、綺麗な景色がたくさんあるので必ず突き当たりまで行ってみてください‼︎

まずは右手の放流口からの景色をご紹介。

訪れた時間が悪く完全に影になってしまったのですが、
朝早く訪れることができればこのような影はなく、幻想できな写真が撮影できます。

突き当たりからの放流口の写真です。
結構距離があるのですがとても迫力が必見です。

橋の上から山々を眺めることができます。
定山渓は本当に紅葉の色づきが良いですね。
この景色だけでも来たかいがありますね。

突き当たりから振り返ると先ほどの「だむみえ〜る」です。

続いて橋のダムの上からダム湖を望みます。
湖の色と岩肌、紅葉の組合せがとても写真映えします。

写真が多くなってしまいましたが、「豊平峡ダム」にはこのように見所がかなりありますので皆様も是非紅葉時期に訪れてみて下さい。

本当に札幌なのか。と錯覚に陥ります。

3.アクセス

【住所】北海道札幌市南区定山渓840番地先
【交通】札幌中心部より車・バスで60分。豊平峡ダムへ
【駐車場】250台(無料)

※駐車場からはハイブリッドバス電気バスに乗って
豊平峡ダムまで向かいます。
【運行期間】6月〜11月初旬
【料金】大人往復620円、子供往復300円
 ※10名以上で団体割あり
【HP】http://.houheikyou.jp/

4.おわりに

豊平峡ダムの紅葉は日本の中でも上位に食い込むほど人気です。
毎年秋になるたびに豊平峡ダムに行きたくなります。

まだ行ったことのない方は是非訪れてみてはいかがでしょう?

ではまた次の記事で。

コメント

  1. […] 目次 […]

タイトルとURLをコピーしました