絶景で話題に‼︎【天に続く道】

道東

まるでが天へ続いているかのような長い一本道。
北海道斜里町に位置する観光名所で、本当に天へ続いているかのように果てしなく続く道。この不思議な光景は他の都府県では見ることのできない特別なもので、北海道ならではのものです。

今回は北海道の道東のこの場所だからこそ見ることができる
絶景スポット『天へ続く道』の見所・アクセスをご紹介します。

目次

1.『天へ続く道』について

2.『天へ続く道』アクセス

2-1.名もなき展望台

2-2.『天へ続く道』スタート地点へ

3.写真作例

4.おわりに

1.『天へ続く道』について

『天へ続く道』の全長は約28.1km
直線道路としては、北海道の国道12号線(美唄市〜滝川市)29.2kmに次いで日本第二位の長さを誇ります。

ただ『天へ続く道』は景観日本一の直線道路とも呼ばれ、
展望台からの眺めは絶景の一言です。

『天へ続く道』という愛称は、直線道路が果てしなく天まで続いているように見えるからとそのまま名付けられたのですが、本当に天まで続いているように見えます。『天国へ続く道』とも呼ばれることがあるそうです。これらの愛称を侮ってはいけません。(笑)

こちらのスポットはお昼間でも十分気持ちよく景観を楽しめるのですがオススメは9月中旬から10月上旬の日没です。
夕陽が道の延長線上に沈む様子が見られることもあるそう。
実際に北海道の道東エリアの夕陽はとてつもなく綺麗なので、
お時間のある方には本当にオススメです。

2.『天へ続く道』アクセス

2-1.名もなき展望台


名もなき展望台へのアクセス

google mapでも検索が可能で「天へ続く道 展望台」と検索すると場所が表示されます。

駐車場は無料で8台程の駐車が可能です。

『天へ続く道』を見ることのできる小高い丘の中腹に位置するこちらの展望台ですが高さは4m程で7〜8人は収容可能です。
展望台からの『天へ続く道』の眺めは木などが邪魔をするため絶景とは言えないかもしれません。

上記のように木で道が隠れてしまうためこちらの展望台からの眺めは正直良いものではありません。しかしこちらの展望台からは畑や防風林・オホーツク海など北海道の道東らしい気持ちの良い景色が広がっています。

北海道らしい景色でこちらは絶景ですね‼︎

2-2.『天へ続く道』スタート地点へ

「名もなき展望台」が中腹に位置すると先述しましたが
頂上には『天へと道』のスタート地点があります。

このスタート地点からの景色も見逃すことのできないものとなっております。スタート地点にはこのような看板が設置してありますので記念撮影などにはこちらを利用すると良いでしょう。

このスタート地点にも2018年に新設された駐車場があるので、「名もない展望台」の後はこちのスタート地点まで足を運びましょう。

3.写真作例

このように道路の端から撮影するのも良いのですが
直線道路に関しては…

やはり道の真ん中(白線の上)から撮影すると
決まりますね。交通量は決して少ないので撮影をする際には
十分お気をつけください。

4.おわりに

いかがでしたか?
本当に天まで続いているように見えませんか?
おそらく私が名付けるとしても『天へ続く道』になります(笑)
納得することができました。

皆様も是非道東に旅行の際はこちらの観光スポットへ
足を運んで見てください。
『天へ続く道』オススメです

コメント

タイトルとURLをコピーしました