見渡す限りの自然に一目惚れ【サロマ湖展望台】

道東

「サロマ湖」は日本で3番目に大きい湖。
北海道の道東【北見市・佐呂間町・湧別町】3つの市町村にまたがるように位置し周囲長は87kmもあります。


今回紹介する「サロマ湖展望台」はあまり知られていませんが、
サロマ湖を一望できる絶景スポットです。
「サロマ湖展望台」はサロマ湖に隣接する幌岩山(標高376m)の山頂に展望台が設置してあり、サロマ湖周辺には幌岩山の他に山はないため、幌岩山はサロマ湖全体を望める大パノラマとなっております。

そんな「サロマ湖展望台」がなぜあまり知られていないかと言うと
道自体は短調なものですが細い砂利道を利用しなければいけないため、不安になり目的地に辿り着けないという方が多いとのことです。今回は道程もご紹介しますので是非ご覧ください。

目次

  1. サロマ湖展望台への道程
  2. 展望台からの景色
  3. おわりに

1.サロマ湖展望台への道程

サロマ湖展望台はサロマ湖のほぼ中心に位置し『国道238号線』を
網走市から紋別方面に車で1時間30分ほど移動した幌岩山の山頂にあります。

googlemapでの検索でも目的地として出てきます。
地図でも確認できますが「サロマ湖展望台」までは網走側と紋別側の2通りのルートがあり、どちらの道程も3.5kmと同じ距離になっているのでお好みのルートを選んで頂ければOKです。
※紋別側の入口の看板は信号機の高さに付いていて見付けづらい印象がありましたのでお気を付けてください。

地図に従いルートを走行していたら林道に差し掛かり砂利道になります。林道に入ってからが勝負となります。

道も細くなり、急な坂道やカーブはもちろんなのですが、この林道は車幅は車一台が通るのがやっとなのです…
運転に不慣れな方や大きい車に乗っている方は少し難易度が高いかとは思います。しかし安心してください。
待避所が思いのほか多く設けられていますので、低速で譲り合い進んでいけば十分山頂へ辿りつくことが可能です。

林道を登りきると舗装された駐車場・お手洗いなどがあります。こちらに車を止めて展望台に向かいましょう。
展望台まではもう少しです。

※展望台にはお手洗いの設備はありませんのでこちらで済ましておきましょう。

展望台まではプチ登山になります。
林道を5〜10分程登ります‼︎

このように階段や手すりなどは付いておりますので安心です。


こちらが山頂の展望台となっております。
素敵な絶景が待っていますのでもう一踏ん張りがんばりましょう。

ついに到着です‼︎

2.展望台からの景色


早速展望デッキ移動しましょう。

展望台はかなり広々としており座って休むこともできます。
それでは絶景をご覧ください。

疲れが吹き飛ぶような大パノラマですね
オホーツク海とサロマ湖のグラーデーションもしっかり判別でき、砂州の部分までも肉眼で確認できます。

サロマ湖展望台にはビューポイントが3つあり、様々な角度からサロマ湖を見ることができます。
雨の日には室内から展望することもできるので雨の日でも安心です。


このようにサロマ湖全域を見渡すことが可能となっております。
写真でも見て取れるように周囲には高い山はなくこちらの幌岩山のみとなっておりサロマ湖を上から一望できるのはこちらの展望台のみとなっております。

3.おわりに

いかがでしたでしょうか?
到着するまでの道程は険しいですが、感動できる絶景が待っていますので是非道東にお越しの際は「サロマ湖展望台」をプランにこちらを入れていただくことを是非オススメします。

基本情報
【サロマ湖展望台】
住所:常呂郡佐呂間町字浪速
TEL:01587-2-1200
期間:5月〜10月 冬季は通行止め
駐車場:10台ほど
料金:無料
※公共交通機関はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました