神々しさが抜群【神仙沼】

道央

神仙沼とは

北海道岩内郡共和町の高原地帯にある沼の呼称である。
昭和初期にその神々しさ故「神仙沼」と名付けられた。

「神仙沼」命名の由来

「神仙沼」は神仙沼湿原最大の沼で標高が約770mの高地に位置しています。湿原の中を遊歩道を利用して沼まで歩いて行きますので
トレッキング初心者の方にも非常にオススメです‼︎

神仙沼へのアクセス

2-1.神仙沼(入口まで)


「神仙沼」は道道66号線沿いの神仙沼駐車場に車を駐車し
道路を挟んだ場所の入口から徒歩で20分程のところにあります。

駐車場にはレストハウスがありgooglemapでも「神仙沼レストハウス」と検索して頂ければ目的地が表示されます。

こちらのレストハウスはお手洗いはもちろん、軽食や休憩などを
することができます。神仙沼までは往復1時間程かかりますのでお手洗いは済まして行きましょう。

では神仙沼へ向かいましょう。
入口は道路を挟んで反対側です。

2-2.神仙沼(トレッキング)

上の写真は神仙沼の入口の様子です。
看板がたくさんありますので迷うことはありません。

「神仙沼」までは片道20分程です。

このような木道の上を終始歩き続けられるので、トレッキング初心者の方でも安心して観光することができます。

途中草が木道に覆いかぶさっているヶ所もありますので
出来れば服装は長袖で虫対策などもしていくと良いです。

途中このような看板もあり木道に従い進めば良いだけなので道に迷うことはありません。もう少しです!頑張りましよう。

いよいよ森が開け湿地帯へ入ります。

神仙沼の魅力

20分程木道を進むと森が開けます。

いかがですか?
緑の草原の中にいくつもの沼がポツポツとあり
別世界に迷い込んだかのような感覚に陥るほど美しい景色です。

そのまま木道を進むといよいよ神仙沼です。

神々しさを感じます。
「神仙沼」と名付けた気持ちがわかりますね。

霧がかかるとさらに神々しさに磨きがかかりますね…

おわりに

神仙沼は秋の紅葉や星空にも定評がある観光スポットです。
それぞれの季節により様々な顔を見せてくれます。

遊歩道もこのような感じで歩き進められますので
スニーカーで全然十分です。虫対策のみしっかりとしていきましょう。

今度の週末に訪れてみてはいかがでしょうか?

基本情報

住所〒048-2201 北海道岩内郡共和町前田
駐車場あり。無料(90台)

コメント

タイトルとURLをコピーしました