まるでジブリの世界【苔の回廊】

道央

北海道千歳市にある『苔の回廊』はご存知でしょうか?

まるでジブリのような世界が広がる『古の回廊』をご紹介します‼
注意点や見所などをまとめましたので紹介していきます。

では説明していきます。

目次

1.『苔の回廊』について

2.『苔の回廊』へのアクセス
2-1 駐車場について
2-2 『苔の回廊』の入口へ

3.秘境『苔の回廊』を巡る

4.おわりに

1.『苔の回廊』について

北海道千歳市の支笏湖畔に位置する『苔の回廊』
『苔の回廊』は約300年前の樽前山の噴火による溶岩が、沢水や雨水により侵食されて誕生した回廊に苔が群生したものです。

岩壁の高さは高いところで10m以上になりとても迫力があります。大きな岩壁に苔がびっしりと生い茂っているのでとても神秘的です‼︎

そんな苔一色な緑の世界が続く『苔の回廊』はまさに秘境でしょう‼︎

2.『苔の回廊』へのアクセス

苔の回廊は支笏湖畔の南東に位置します。
スタート地点の入口が少しわかりにくいので解説していきます。

2-1 駐車場について

車を駐車をする方法は3通りあります。
①上記地図のモラップ駐車場
②モラップ駐車場と苔の回廊入口の間の道路の脇に駐車
③風不死岳登山用駐車場

①について
モラップ駐車場から苔の回廊入口までは徒歩で約20分程
少し歩くことになりますが安全に駐車でき入山中も車の心配をする必要がありません。モラップ駐車場から苔の回廊入口までも遊歩道を使用できるので車道を歩く必要がありません。

遊歩道の様子 平坦な道なので安心です。

②について
モラップ駐車場と苔の回廊入口までの間にある路肩に駐車するものなのですがこのような感じで路上駐車します。

こちらの場所は『樽前橋』という小さい橋の付近です。
私もこの場所に駐車しましたが、特に何もありませんでした。
ただこちらの道路は飛ばす車も多く、リスク回避をしたい方は
モラップ駐車場に駐車することをオススメします。

③について
樽前橋より美笛方面へ車で3〜4分程で「風不死岳」登山客用の駐車場があるのでそちらに駐車すれば、20分程で「苔の回廊」入口まで辿り着くことができます。

2-2 『苔の回廊』の入口へ

『苔の回廊』の入口は非常にわかりづらい場所にあります。
現地に看板などは無いので、おそらく知識の無い状態で『苔の回廊』へ辿り着くことは不可能だと思います。
こちらの記事を是非参考にしてください。

『苔の回廊』入口は上記地図の樽前橋より美笛側へ徒歩10分程移動した『紋別橋』の高架下になります。
普通に移動していたらわかりませんよね。完全にノーマークです笑

橋まで辿り着くと付近には橋の下に降りられるような獣道のようなものがありますのでそちらを使い橋の下へ。
こちらが『苔の回廊』への入口になります。

ちなみにこの橋の下の沢の名前を「楓沢」といいます。
この「楓沢」を登って『苔の回廊』へ進んでいきます。

余談なのですが、
橋の下の「楓沢」降りた際に『苔の回廊』へと続く山の方へ入っていく道と支笏湖畔へ続く道の2通りがあります。これは現地を見ればわかるのですが、この支笏湖畔側へ続く道も大変景色が綺麗なのでオススメです‼︎

支笏湖ブルーが映えますね。

この緑のトンネルを抜けると…

こちらも絶景ですね…
虫も少ない印象でしたので湖畔でゆっくりしたい方にもオススメです。

では本題へ戻ります。

3.秘境『苔の回廊』を巡る

「楓沢」を苔の回廊へ進んでいく。
苔の回廊までは「紋別橋」から片道20分程かかります。
ほとんど平坦な道程ですが倒木などの障害物は多数あります。


思ってた以上の倒木がありましたので記念撮影(笑)

このような木がゴロゴロしていますので、転倒しないよう十分注意して進むようにしましょう。

20分このような調子で進んでいくと次第に苔が増えてきます。

苔の回廊まではもう少しです。

雰囲気が出てきましたね。
次第に上の写真のような岩壁に挟まれた狭い通路になってきますので木の下をくぐりながら進んで行きましょう‼︎

いよいよ苔の世界へ突入です。
この先は岩を登ったり木を跨いだり潜ったりする必要がありますのでこちらも十分注意して通行しましょう。

いかがでしょうか?

ジブリ感があってとても神秘的な空間なので
支笏湖周辺へ訪れる際はこちらも予定に加えて見るのはいかがでしょうか?

撮影についてですが、
苔の回廊は高い岩壁に挟まれているので太陽の光が届きにくいです。三脚を持参して撮影するのが吉です。

4.おわりに

今ご紹介したのは「第1の回廊」で実は「第2の回廊」も存在します。「第2の回廊」はアスレチック要素も強くなるので、登山用の装備をしっかりと整えて挑む必要があります。
しかし「第2の回廊」は秘境要素も強まりさらに絶景が望めると思います。しっかりと準備をして挑みましょう。

「苔の回廊」を散策上で注意しなくてはいけないのが、「熊」の出現です。昔から熊の出現率の高い場所なので早朝や夕方以降などは極力沢に入らないようにしましょう。
陽の出ている時間帯でも熊対策は忘れずに。

しっかりと準備した上で散策を思い切り楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました