青の絶景を巡る旅・まさに圧巻‼︎【白ひげの滝】

道北

白ひげの滝とは

【白ひげの滝】は北海道美瑛市の白金温泉にあり、十勝岳の地下水が溶岩層の割れ目から、白ひげのように美瑛川へ流れ落ちていく滝

落差は約30mもあり、日本では珍しい潜流瀑

※潜流瀑とは、水の落ち方から見た滝の分類の一種で地下水が岩壁の割れ目などから出て流れ落ちる滝のこと。

『白ひげの滝』は冬でも凍る事がなく流れ落ちます。その際に発生する水蒸気も魅力の一つです。その水蒸気が付近の木の枝に付着するとたちまち樹氷に。そちらも幻想的。そして冬場は青い池同様、ライトアップが楽しめますので、オールシーズン楽しめる観光スポットとなっております。

※冬場の美瑛はとても冷え込みますので暖かい格好はマストです。

【白ひげの滝】は有名スポット【青い池】の源流

青い池と同じ成分が含まれているので青く見えます。

こちらも日の光を必要とするので、天候や時間によって

青く見える時とそうでない時がありますのでお気を付け下さい。

天気が良い日の映え具合がたまらないですね。

こちらの橋から白ひげの滝を眺める事ができます。

白ひげの滝はもちろんですが、こちらの橋も人気のフォトスポットです‼︎

白い骨組が美しいですね。

また橋の北側は青い池の方向へ美瑛川の下流を臨む事ができます。

美瑛川は別名ブルーリバーと呼ばれています。

見た目通り別名ですが、本当に青いのでそう名付けるしかなかったと納得してしまいます。

青い池方面

撮影に関して

『白ひげの滝』は橋の上から撮影するのだが、

手ぶれ補正の弱いカメラでは三脚なしに水の流れている雰囲気を醸し出す事が難しいかもしれない。

山脚は十分広げて撮影できるスペースもあるので撮影をメインで考えられている方は三脚を持参しましょう。

時間帯は午前中がオススメ。

昼過ぎ〜夕方になってしまうと逆光になります。

せっかくのブルーリバーの色が表現しづらくなってしまうので

狙うのであれば午前中がベスト。

筆者は手持ちでなんとか、対抗しましたがやっぱり山脚ですね

アクセス

住所〒071-0235 北海道上川郡美瑛町白金
アクセス〔車〕JR美瑛駅より車で25分
〔バス〕JR美瑛駅より道北バス白金温泉下車徒歩3分

コメント

  1. Aoi Yume より:

    美しい写真です!

タイトルとURLをコピーしました